賢い中古マンションの購入方法〜ポイントを押さえて失敗しない買い方をしましょう〜

マンション外観の写真

もしもあのとき別の選択をしていたら、今頃は違った境遇にいたかもしれないと、人生は「選択」の連続と言える出来事が多いですよね。日々の生活の小さな「選択」から、人生のターニングポイントになる大きな「選択」。大小さまざまですが、ひとつの選択をすることで、180度人生が変わるなんて言葉耳にすることはないでしょうか?
実は、不動産購入時は、まさに選択の嵐なんです。
・新築マンションなのか、中古マンションなのか?
・小規模なデザイナーズマンションなのか、大規模マンションなのか?
・駅近なのか、バス便なのか?
・一戸建てか、マンションか?
・注文住宅なのか、建売住宅なのか?
これは、例を挙げるときりがないのですが、条件を決めるときから、選択をすることが始まっていますよね。
そこで、不動産購入という迷路に迷い込まないように、この記事では、中古マンションの購入を考えている方や、もうすでに探している方に向けて、後悔しない中古マンションの買い方のポイントを紹介したいと思います。

管理状態を注意して見よう

不動産に携わる仕事をしていると、よく聞くフレーズがあります。それは、「マンションは管理を買え」というフレーズ。
新築時は、専有部分も共有部分もきれいなのは当たり前。しかし、築年数が経過し、不特定多数の住民が出入りしたり、利用をしている共有部分が管理不足状態になると、劣化の進みが早かったり、資産価値にも響いてきます。

エレベーターやエントランスの共有部分

マンションには、マンションの住人が利用できる共有部分が存在します。例えば、エレベーター、エントランス、ごみ置き場、植栽などがあげられますが、この共有部分の管理が行き届いていない場合は、資産価値を下げる要因にもなりかねません。
管理体制をチェックするには、「人があまり手を加えないもの、しかし加えなければ劣化していくもの」に重点を置くと、管理のリソースが十分なのか不十分なのか見えてきます。植栽は最もわかりやすい例ですね。

修繕積立金の長期計画表

マンションを購入すると、毎月管理費と修繕積立金の費用がかかります。築年数が経過すると、大規模修繕をするための費用が必要となります。この費用は、区分所有者が、毎月一定額積み立てていき、大規模修繕費に充てることができます。
気をつけなければいけないのは、長期修繕積立計画と、積立金の総額。計画が不十分で、積立金が不足していたり、計画がおろそかだったりすると、建物維持ができなくなります。不動産会社にこの2点の確認を必ず取るようにしましょう。

設備の管理

マンションには、貯水槽や、給排水の設備が備えてあります。これも管理に繋がることですが、設備管理を行っているマンションは、定期的に専門業者の点検が入ります。この点検を怠ると、劣化による水漏れ、その後、爆裂現象を引き起こします。居住者の見えない部分も管理をしっかりと行っているマンションは、安心ですよね。

豆知識

爆裂現象とは・・・聞きなれない爆裂現象。言葉だけでもかなりインパクトです。この爆裂現象は、何らかの原因で水漏れが発生すると、鉄筋コンクリートが膨張し、ひび割れを起こします。その後、膨張した鉄筋が破裂したようにむき出し状態になることを「爆裂現象」と呼びます。

周辺施設と環境

中古マンションは、すでに街づくりを遂げている場所に建てられているため、周辺環境や施設は下調べができます。ご自身の生活環境や、お子さんの遊べる環境、また、習い事や学校なども、マンションからどの程度の距離なのかを把握できますよね。
例えば、スーパーなどの買い物は、頻繁に行くものなので、近くにある方が便利なものです。ご自身や、ご家族のライフスタイルに合った立地を選びましょう。
さらに、最近では、保育園の待機児童問題も地域によって差があります。引越し先の地域の待機児童や、保育園の状況など、各市町村に確認をすることで、購入先の地域の選択を絞ることもできますよね。

世帯人数や、家族構成

同じような家族構成の居住者が多いと、生活音がさほどクレームにつながることはないものです。マンション自体の各部屋の間取りが、2LDK〜4LDKなどの、いわゆるファミリー向けの間取りかどうかも確認してください。
ご自身がファミリー世帯でも、ご近所の方が1LDKで単身者だと、生活リズムなども違ってきます。
騒音と感じる音は感覚的なものになるので、同じようなファミリー世帯が多いと安心ですね。
確認する場合は、不動産会社に聞いてみるとよいですよ。

見える部分は当たり前、見えない部分が重要です

新しくて、安くて、間取りが広くて・・・なんて不動産は、誰もが欲しがる条件ですよね。中古マンションを選ぶときは、間取り、築年数などももちろんですが、確認しないと分からないことに注目をすることが重要です。
将来の資産を考えて、後悔しない中古マンションを購入しましょう。
株式会社中部エースは、長野市を中心に中古マンションの物件のお取り扱いをしています。これから不動産を購入予定の際は、お気軽にご相談ください。

不動産売買取引に関するご相談・ご質問フォーム

長野市の販売中のおすすめ中古マンションはこちら!