住宅ローンが残っている状態で、転勤が決まりました。賃貸に出すことは出来ますか?

住宅ローンがまだ残っている状態ですが、転勤が決まって転居しなければならず、賃貸に出せるかどうかのご質問をいただきました。

住宅ローンを組んでマイホームを購入したあとに、転勤や介護、あるいは転職でマイホームに住めなくなるケースはあると思います。その際にはどうしたらよいか?

金融機関に事前に相談しましょう

住宅ローンは、自己の主たる住居として住むための住まいを購入するための資金を、金融機関が長期的に低金利で貸し出すもので、他の使途には使えないことになっています。

自分や家族が住まないで、他人に賃貸するようなことは本来ダメなのですが・・・。

転勤や介護のような、やむを得ない理由により賃貸するということであれば、金融機関によって、対応は様々なようですが、相談に応じていただけるようです。

一時的な転勤でやむを得ない場合、勤務先からの証明書類の提出や住宅ローンの返済が滞らないだけの収入の見込みがあることを条件に、一定期間の賃貸を認める場合もあるとのこと。

昔のように一括返済を迫られたりすることは無いようなので、最悪、賃貸ローンへの借り換えを勧められるかもしれませんが、あとで賃貸にしていることを急に指摘され、慌てて借り換えをするよりも、事前に金融機関にご相談されることをお勧めします。

その際、住宅ローンの優遇金利を打ち切られたり、住宅ローン控除が受けられなくなるのは、仕方ないと覚悟しなければなりませんね。

フラット35の利用を利用しましょう

住宅金融支援機構(以前の住宅金融公庫)のフラット35であれば、転勤などのやむを得ない理由で賃貸にする場合は、「住所変更届」を提出することで、住宅ローンの支払いを継続しながら賃貸に出すことが出来ます。

あらかじめ転勤が予想される方であれば、フラット35を利用して住宅ローンを組んでおくことも良いかと思われます。

既に民間金融機関の住宅ローンを組んでいる方は、フラット35へ借り換えをしておくのも一つの手ではないでしょうか?

不動産売買取引に関するご相談・ご質問フォーム