TEL 026-263-7588

【どうしよう!?をここで解決!】コロナ状況下で住宅ローンが返せなくなったら【救済措置を活用しよう!】

住宅と電卓のイメージ

住宅ローンを返せなくなったらどうしよう。
コロナ状況下で、同じような悩みを抱える方は少なくないでしょう。

本記事では、住宅ローンが返せなくなってしまったら、どんな救済措置があるのかをまとめています。
まさかのためにも読んでおくと、困ったときに役立つ内容です。

【お金がない!時に要必見】コロナ禍で返済を乗り切るには【住宅ローン】

仕事の収入が減ってしまい、支援が必要!
そういったときには、コロナの状況下で返済を乗り切るにはどうしたらよいか。
まず行うべきことは住宅ローンを借りている金融機関への相談です。

支払えない!仕事の収入が減ってしまった!というときにまず行うことは、「キャッシング」をすることでも、他の金融機関に借金をすることでもなく、住宅ローンを借りている金融機関への相談です。

金融機関へ相談をすると、返済が困難になったお客様に向けて、次の3つの方法を提示されます。

  • 返済期間を延長
  • 一定の期間のみ返済額を減らす
  • ボーナスの返済を見直す
この中で、どれか一つを選んでください!というものではなく、組み合わせて、、などの相談も柔軟に対応してもらえるため、返済に心配があったら、すぐに相談をするようにしましょう。

余裕が出てきたら住宅ローンの借り換えを検討する。

返済に余裕が出てきたと感じたら、住宅ローンの借り換えも検討してみましょう。
例えば、今借りている住宅ローンがコロナの影響を経験する前から借りていたものであれば、「今の困難」を予測した上での契約とは、言い切れません。
コロナを経験した今、ライフプランを変更せざるをえない状況にある方も多いはずです。
状況に見合ったローンに出会える可能性もあり、返済も滞りなく出来るようになる可能性も考えられます。
住宅ローンを見直して、毎月の返済の軽減対策をファイナンシャルプランナーなどに相談してみましょう。

おまけ
家賃の支払いが出来ない!といったときは、「住居確保給付金」
住宅ローンが返せなくなってしまったことと同様に、家賃の支払いもできないということもありますよね。
こちらの制度は、コロナ影響下で新たに厚生労働省から発表された政策です。

 

つまり、ほとんどの家賃を支払えない人が、利用できる支援策ということです。

対象要件は次の通りです。

 

  • 世帯の預金と貯金の合計額が各市町村の定める額を超えていないこと(裕福の場合は受けられない可能性があるため、確認が必要です)
  • 誠実で熱心に求職活動を行っていること
  • 給与が減少している場合
  • 直近の世帯収入合計額が、基準額と家賃の合計額を超えていないこと

 

受けられるかわからないけど、該当することもあるため、まずは「生活困窮者自立相談支援機関」に相談をしてみましょう。

払えなくても、やるべきことは相談!やっちゃいけないことは未払い

通帳のイメージ

新型コロナの影響を受けて、経済的にもダメージを受ける人は少なくありません。

家賃を支払えなくなってしまったり、住宅ローンが支払えなくて、事故扱いになってしまったりと、家計的にも大変厳しい状況と言えます。

だからといって、「支払えないから未払いにする」ということは、選んではいけない選択です。

特に住宅ローンは、支払いが1日でも遅れてしまうと借りている金融機関から「催促の電話」が届き、督促状も届くでしょう。

金融機関では、通常の場合2か月の間、支払いがなく、遅れてしまうと、事故情報がブラックリストに登録されるのです。

ここでいう事故情報は、延滞情報というもので、クレジットカードなどによる借金(リボ払いなど)をそのままにしてしまった場合に、その後別の企業でクレジットカードが作れなくなったという話はよく聞きますよね。

その状況と同じように、今後日本で生活していくのに大変不利な状況を作り出してしまうのです。

また、キャッシングの利用検討もしないことをおすすめします。

コロナ状況下で、借りた月が返済できたとしても、その後もずっと返済が続き、気付いたら借金地獄になっていたということも少なくありません。

つまり、「返せない!」ということがわかった、もしくはなりそうだと気付いたときは、すぐに「住宅ローンを受けている金融機関」に相談をするようにしましょう。 

まとめ|返せなさそう!と感じたらすぐに相談!

返せない!と感じたらまず最初に相談をするのは、住宅ローンを借りている、金融機関への相談です。督促状などの放置は絶対にしないように注意をすることが重要となりますから、留意して下さい。