TEL 026-263-7588

【コロナ時代となった今】今までと違う新しいリフォームって?

家のリフォームの設計を検討しているイメージ

コロナ時代と言われている今、2020年から始まった新しい生活様式として「テレワーク」、「リモートワーク」などさまざまな呼び方があるものの、在宅で働くことが、誰でも身近になった年といえるでしょう。

おうちで過ごす時間が多くなったからこそ、家の中のあらゆる性能面で気になる方も少なくありません。家のリフォームを考える方も多くなっています。
これからリフォームを考えている方は本記事を読むことで、どんなリフォームをしたら新しい生活様式に対応した空間を作り上げられるのかヒントになりますよ!

【コロナを経験したからこそわかった!】理想の空間とは?

職人がリフォームしているイメージ写真

今までの住宅の在り方もコロナを経験したからこそ、変わりつつあることはおわかりでしょう。

コロナの影響を受けて、現在リフォームをしようとしている方が急増しています。

人気なリフォーム箇所は?三大都市圏、戸建て、集合住宅で居間、キッチン、トイレ、浴室、外壁の人気別グラフ
ここでいう三大都市圏は、首都圏、近畿圏、中京圏のものであり、国交省のデータから引用しています。

グラフによると、リフォームした箇所がもっとも多いのは居間であり、在宅ワークを意識したリフォームをしている家庭が多いようです。いわゆる、家をオフィス化してしまおうという計画ですね。

衣食住を満たすだけではなく、家の中での充実を図るべく、置き配ボックスを設置したり、仕事専用スペースを部屋に作るなど、コロナ状況下の今、リフォーム市場は活性化しているのです。

リフォームをする場所は!?プチリフォームの増加

 

職人と建築士がリフォーム箇所を検討しているイメージ

また、キッチンやトイレ、浴室なども大変人気のあるリフォーム箇所と言えるでしょう。
コロナの影響を受けて、家の中にいることが多くなったことから家の中の不具合や故障を直すといったリフォームが多くなっています。

これらのリフォームするきっかけも「住宅の快適性を求める」といったコロナ前と、今とで住宅に対する考えが変わったことが大きなきっかけとも言えるのではないでしょうか。

新型コロナウィルスが広まった後では、以下のような条件が考えられ始めています。

  • 通風に優れる住宅に住みたい
  • 遮音性に優れる住宅に住みたい
  • 収納量を増やしたい
  • 部屋数を増やしたい
  • 冷暖房効率に優れた住宅に住みたい…など

こうしてみると、特に「快適」を求めてのリフォームになっていることがわかりますね。
家に多くいる機会が増えたからこそ、このような希望や理想が見えてきたと言ってもよいでしょう。

【コロナ影響下の補助金】在宅勤務用のリフォーム補助金を検討中?!

日本政府は現在、コロナの状況下における保証や、給付、税金の控除を検討しています。

増改築やリフォームに関連する住宅ローンの減税も10年+3年の延長の入居要件が緩和されていますが、他にも、リフォームに関する制度を検討し始めています。

リフォームに関する補助金の概要

1.対象マンション、一戸建て
2.要件審査が必要になるが、詳細は未定
3.補助対象在宅勤務のための増改築、防音対策、間仕切り設置
4.補助金額リフォーム費用の3分の1、上限100万円/1戸

(2021年1月現在)

現段階では、まだここまでの話となっていますが、今後審査の内容や、基準を検討し決めていくとのことですから、今「家をオフィス化したい!」と考えている方は、利用の検討をしてみて下さい!

リフォーム後の室内のイメージ写真

まとめ|コロナ時のリフォームは快適重視!
今までであれば、外観をきれいにしたり、新しいシステムを取り入れたり、、などデザインを重視しているリフォームが多かったのですが、新型コロナウィルスにより家の中で過ごすことが増えて、快適に過ごすためのリフォームに対する需要が増えてきました。

現在リフォームを考えている場合は、一度家の中で修繕が必要なところ、「ここか快適だったらいいのに」などの場所はありますか?
書き出してみると、理想の快適な空間を作りあげられるのではないでしょうか。

不動産売買取引に関するご相談・ご質問フォーム

長野市エリアの不動産購入、ご希望条件のご登録はこちら!